ボンバスティックなPhotoShop講座

チルトシフト技法でミニチュア模型風加工 【Photoshop講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近始めたインスタでチルトシフト技法を使った写真の作り方を載せたら200回近く再生されたので、ここでも写真をミニチュア模型のように加工する方法について説明していきますよ!

 

ちなみにチルトシフト技法って結構CMとか広告に使われているんですけれども、作り方は簡単で、ただ単に写真の上と下にピンボケを入れるだけなんですね。iPhoneとかで自動で作ってくれるアプリも色々とあります。

それじゃ、早速作り方を見ていきましょう。超簡単です。

【動画】

https://www.youtube.com/watch?v=L57zqf-DWwo

 

【素材】

pixabay ▶︎ https://pixabay.com/en/passau-town-hall-square-1611928/

ジオラマ模型に見せたければ上と下にぼかしを入れて色を調整する!

はい、まずは準備した街の画像を複製します。(alt + ドラッグ)

まぁ、ミニチュア模型風を作るってんだから、ビルの上から見た街並みとかを使うといいでしょうね。タワーに登った際は是非。

そうしたら、コピーしたレイヤーの上のやつにレイヤーマスクを作成します。

黒く塗れば見えなくなるやつですね。

ということで、写真の上と下をぼかすので、グラデーションツールでこの真ん中からグラデーションをかけるアイコンを押しましょう。

そしたら、グラデーションスタイルは黒と透明の二色を選択します。

すると真ん中部分が暗くなって、上下は透明なので変化無しになります。

その状態で写真の中央をクリックして上にドラッグすると、一見変化は見えませんがマスクの部分が黒と白の二色でグラデがかかってるのがわかります。

下に配置してる元の写真を非表示にするとこんな感じです。

そしたら上のバーの「フィルター」から「ぼかし(レンズ)」を選択することで、上下に自然とぼかしが入るんです。

ソースを「レイヤーマスク」にしておけば、どんな感じでぼかしが入るかがわかるので、そのうえで半径やら円形度などを調整していきましょう。

はい、これだけで完成なんですが、も少し作り物感を出すために工夫しましょう。

ということでまずは、下のレイヤーに「自然な彩度」をかけていきます。

自然な彩度もメーターをあげればちょいと不自然に...笑

うん、作り物感が出てきました。

そうしたら今度はメニューバーから「フィルター」、そして「シャープ」>「アンシャープマスク」を選択することで建物とかをくっきり見せるようにします。

くっきりなったかは微妙ですが、写真が粗い時とかは使ってください。

そうしたら最後に建物を一番見てほしいということで、建物の部分からぼかしを外すためにもレイヤーマスクを黒ブラシで建物のところだけを塗りつぶしていきます。

ゴシゴシとひたすら建物部分を塗りつぶしていけば、ミニチュア模型に見えるようなチルトシフト技法を使った写真が完成します。

さぁ、どうでしょう?

インスタグラムではこういった作品をたまーに更新していますのでよかったら見ていってください。

...ってか、どんどんアイデアをパクってあなたもインスタで発表の場をもつとスキルアップも早いですよ。

 

【オススメの記事】

ONE PIECE 鷹の目のミホーク風ヒゲの描き方 【ボンバスティックPhotoshop講座】

 

 

 

 

 

Facebook Comments
↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加