ボンバスティックなPhotoShop講座

NARUTO 写輪眼をPhotoshopで作ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう、YouTube見ていただければわかると思いますけどね、NARUTOとかワンピースとかに関するPhotoshop増えてきたな〜と。しかも、目とかヒゲとかの局部!

いつまでたっても少年の心を持ってる村上です。

じゃ、そんなわけで今回はNARUTOのうちは一族が遺伝するとされる車輪眼の作り方です。しかも回ります!

このサイト見る人で、これわかる人いるんかなぁー。そう、イタチの万華鏡写輪眼です。

もしわかったよーっていう人おったら、一番下かYouTubeのコメント欄に書き込んでください。笑

じゃ、今回もこの眼の作り方をあなたの写輪眼で真似していってください!

【動画】

Photoshopでも動画が作れる!回る写輪眼を作るぜ!

1, 眼に写輪眼を埋め込む方法

さぁ、始まりましたがとりあえずまずは写輪眼を埋め込みたい眼の写真を用意してください。

当然ながら、眼が大きく写っているほど写輪眼も良く見えるというものです。

そうしたら、イラストレーターとかで作成した車輪眼のマークをこんな感じで挿入します。

Udemyで学習中の人は素材はすべて添付しているから、ダウンロードすべし!

ひとまず写輪眼は非表示にしておいて、眼の周りを選択範囲に設定していきます。

ペンツールでもなげなわツールでもなんでもオッケーです。

そうしたら、写輪眼を表示してレイヤーマスクを作成することで写輪眼が先ほど作った選択範囲内に収まります。

レイヤーマスクのリンクは外しておきましょう。

これで、写輪眼を動かしても眼の位置は変わりません。

はい、眼の中に写輪眼を合わせて...

不透明度を下げておけば黒目から中心の位置がわかりやすくなります。

はみ出てるなーと思ったら、ブラシツールの黒でエッジの部分をぼかしながら範囲を調整します。

消しすぎたら X を押して白ブラシに変えることで範囲を戻せます。

車輪眼の描画設定を「オーバーレイ」にすると...

瞳の生々しい感じができました。しかし、中心の穴が見えませんね。

ということで、写輪眼を一旦非表示にしておき、下の眼の素材の瞳孔の部分をコピースタンプツールとかで塗りつぶしていきます。日本人ならむしろ眼の色を「色相・彩度」で変えてからやるといいでしょうね。

はい、こんな感じでイタチの万華鏡写輪眼自体は完成しました!

2, Photoshopで写真を動かすには?

続いて、この車輪眼をクルクル眼の中で回転させてみます。

上部バーから「ウィンドウ>タイムライン」を選択します。

すると画面の下にこのようなタイムラインパネルが現れますね。

まず、回転の元の位置をインとして変形の時計みたいなマークが書いてあるところを押すとタイムラインにダイヤモンドの形のキーフレームが作成されました。

続いて青いマークをドラッグして真ん中の方に持ってきます。

ここで写輪眼を回転させますが、レイヤーマスクを回転させるとこんな感じで失敗します。

なのでちゃんと写輪眼のサムネールを選択することで、眼の選択範囲の中で写輪眼だけが回転します。今回は-90°(反時計回り)回転させていきます。

そうしたら自然と真ん中の部分にキーフレームが打たれているので、続いて青いマークをタイムラインの最後の方に持っていきます。

はい、こっちも回していけばOKーですね。

あとはタイムラインを再生(スペースキー)することで写輪眼がクルクルと一定の速度で回ります。

動画を書き出したい時には、画面の左下にある小さい矢印マークを押すことで書き出すことができます。

はい、ファイル名を"syaringan"みたいに決めたら書き出していきましょう。(ちなみに海外のNARUTOの写輪眼の表記は "sharingan" と"y"ではなくて"h"ですね。知らなかったです。)

はい、こんな感じでPhotoshopでもタイムラインを使うことで動画が作成できるんですよ!っていう話でした。

ちなみに、インスタグラムでこの写輪眼の動画をアップしたところ500回以上再生されて「NARUTO効果スゲェーな。」と思った印象があります。

(そのインスタの動画がコレだ!1・2・3

是非とも色々と遊んじゃってください。

【オススメ記事】

ONE PIECE 鷹の目のミホーク風ヒゲの描き方 【ボンバスティックPhotoshop講座】

↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加