ボンバスティックなPhotoShop講座

ボンバスティックPhotoshop講座 デュオトーンデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さぁ、ボンバスティックな写真を作るためのPhotoshop講座。

今回のテーマは「デュオトーンデザイン」です。「無駄無駄無駄無駄ァ〜!」...これは

ディオ・ブランドーです。(ー ー;)

学園祭、Webデザイン、印刷物でシャレオツなものを作りたいときに、フォトショップでささっとできるボンバスティックなデザインのひとつです。

【動画】

素材ダウンロード▶︎Pixabay : https://pixabay.com/en/people-woman-girl-clothing-eye-2563491/

デュオトーンはグラデーションで二色にするだけ

1、まずは新規ドキュメントを作る

幅は1280×720で固定しておきましょーか。ここはお好みで。

カラーモードはRGBカラーに設定しておくといいですね。

2、スタイリッシュな写真を挿入する

ファイルを直接ドラッグアンドドロップなどで取り込みます。

うーん。写真次第でデザインの9割が決まっちゃいますけどね。

3、丸っこい「調整レイヤー作成ボタン」を押してメニューを出す

ちなみに、画面上部の「イメージ>色調補正」からも選択できますが、そこから選択するとレイヤーは別れずに一つのレイヤーで色が補正されます。まぁ、やってみりゃわかるよ。

4、メニューの「グラデーションマップ」をクリック

写真にグラーデーションをかけるために、属性の「グラデーションエディタ」からグラデーションの色を選択していきます。色々いじってみると新たな発見があるぞ。

左を暗い色、右を明るい色にすることで、スタイリッシュなデュオトーングラデーションの完成ですな。まぁ、好きな色を使うといいだろうね。使用用途によって変えてみるとか。

5、長方形ツールと文字を挿入すればデュオトーンデザインの完成

長方形ツール[U]で外枠を白にして中は塗りつぶさずに、そこに文字を書けば完成でしょう。はい。好きな文字を入れちゃってくださいな。

Spotify とかめっちゃデュオトーンを使ってるので、「あ〜、こんな感じでデザインするといいのな。」って参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【次回の講座】

【Photoshop講座】君だけにピントを合わせよう・・・

Facebook Comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加