アダルティなお金の授業

4時間目:お金は◯◯だ!お金に何を見るかで人生が変わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はお金には3つの機能があるとお伝えしましたが、少しお金に対して客観的に見ることができたのではないでしょうか。実は、お金はコインのように『知性の面』と『感性の面』の二つの面があります。

このお金の授業でお伝えしていくことのほとんどがお金に対する知性のことです。というのも、「お金は卑しい」「お金はもらえると嬉しい」と感情的に考えている人の多くがお金に対する知性に欠けているからです。

もしかしたらあなたもお金の三つの機能について知らなかったのではないでしょうか?であれば、これからお伝えすることは学ぶ価値があります。

とはいえ、前回のように機能だの法則だのいろいろと一方的にお伝えしても伝わりにくいと思いますので、これから少し感性的な部分もお伝えしていきます。

突然ですが、『お金とは◯◯だ!』この◯◯の中に入る言葉をあなたなりの答えでいいので入れてみてください。この◯◯の部分が次に紹介する9つのうちのどれに当てはまるのかをチェックしていきましょう。

髪型がおかしい人はどうすればおかしいと気づくのかというと、鏡を見ればいいですよね?それでその髪型はおかしいと言ってくれる人が近くにいれば、尚そのおかしさに気づくはずです。

お金も同じで、自分のお金に対する見方を理解して、それがおかしいかもしれないと気づけば、あなたのお金の使い方なども変わってくるはずです。お金の使い方が変われば、集まり方や人生の使い方も変わってくるようになってきます。

是非とも楽しみながら見ていきましょう。

お金とは力だ!

多くの人、特に男性の方はお金に力を見ます。お金を持っている人が大きな力を持っていると思っているのです。そういった人はお金で人の大きさを図ったり、権力のある人に媚びたりする傾向があります。

逆にお金がないと力がないと思い込んでしまうためにストレスを抱え込んだり、お金の持つ力に圧倒されて体調を崩してしまうこともあるでしょう。

お金とは自由だ!

お金を手にすれば自由を手に入れられると思っている人もまた多いです。ところが、お金がある方が不自由だという人もこの世の中にはたくさんいます。

たとえば、大企業に就職したエリート会社員や、年収が2000万円を超えるテレビのプロデューサー、1日に数百万を稼ぎ出すデイトレーダーもなかなか自由とは言えません。

お金に対する器がなければなかなか自由にはなれないものです。彼らの多くがお金を持つことに怯えたり、やってくる仕事から手が離せなかったり、偏った情報収集を一生懸命にやっています。ところがその努力もむなしく、お金を得ようと働けば働くほどに不自由になっていくことがあるのです。

お金とは安心だ!

お金に安心を見る人もまたあまり豊かな心とは言えません。お金に安心を求めれば、お金がなくなるたびに不安に襲われるからです。世界一のお金持ですら「いくらお金を持っても不安はなくならなかった」と言っているのですから、通常の人がお金に安心を求めても意味がないでしょう。

それに、安心という感情はいくら貯金したとしても拭いされるものではないのです。それは、人間の欲望に底はないためで、1万円には1万円分の不安、1億円には1億円の不安がつきまとっているからです。

お金とは価値だ!

少し頭がいい人は、お金は価値がある証拠だと考えます。確かに底に価値はあるかもしれませんが、お金を持っていることが価値に結びつくとは限りませんし豊かとも言えません。お金に価値を見る人たちは、お金がなければ価値がないと考えてしまうからです。

また人の価値もお金で判断してしまう傾向があるために、自分はそうならないよう、自分の価値が下がらないように人の目を気にして生きていくことになります。

お金とは汚いものだ!

多くの人は心のどこかでお金が汚いものだと考えています。それは子供の頃に大人に言われた経験があるからでしょう。『うちにはそんなお金はない!』『お金がないせいでできない!』『お金が原因で悪いことが起こる』そういったことでしょう。それにニュースをつければ、お金のいい面よりも詐欺や強盗などお金に関するトラブルばかり流れていて徐々に洗脳されていきます。

お金が悪いものと言っているのは、コーヒーが悪いものと言っているようなもので、物事の全てにいい面と悪い面があることを忘れています。お金にも人を支援したり喜ばせるいい面もありますし、もちろん悪い面もあるでしょう。

何かに関して『良い、悪いと判断した時それは洗脳の可能性が高い』のですよ。

お金とは友情の証だ!

本当の友達ならば無条件でお金を貸してくれる!お金を貸してくれるかどうかで友情の度合いがわかるんだ!

とお金に友情を見ている人も多数います。友人間でのお金の貸し借りが多い人にその傾向があるようです。友人との間にお金が関わると、友人関係から利害関係に変わってしまうために関係を維持すること自体が楽しめなくなってしまいます。ネットワークビジネスやマルチ商法の経験があれば理解できるかもしれません。

お金とは愛情だ!

私を愛しているというのなら私にもっとお金をかけてよ!と女性に言い寄られるお金持の男性の姿が思い浮かびます。ここまで露骨でないとしても、愛してると伝える代わりにお金を遠回しに要求する人もいます。

愛とは本来無条件で与えるものです。

そこにお金を絡めてしまえばそれは愛ではなく要求へと変わります。母が子を愛情を持って世話する代わりに子供に毎回見返りを求めるでしょうか?もし見返りを求めるのであればそこに愛はなく、要求が叶わなかった時には恨みへと変わっていきます。

ここまで見てきましたが、多くの人たちがお金は卑しいものだとか汚いものだと考えてくる理由がわかってきます。多くの人たちはお金に対する見方が良くないからお金に対してもあまり良い印象を持っていないのでしょう。

そこで続いてお金に対する健全な見方をご紹介していきます。

お金とは応援の表現

お金が応援の表現方法だと考える人はハッピーです。なぜなら、お金を受け取るたびに自分は多くの人から応援されていると感じることができますし、お金を払う時にはその人に頑張ってと応援をしてあげる意味にもなります。

お金持に成る程応援される人数が増えるといいますが、それは彼らが応援するのがとても上手だからです。なぜ上手なのかといえば、普段から自分の応援するものにお金を使おうとするからですね。するとその波動はしっかり他の人にも伝わってきます。

なぜなら、応援はする方もされる方も豊かになるのですから。

お金とは感謝の気持ち

お金に感謝を見ることができる人はとても豊かです。ほとんどの人が死ぬまでの限られた時間を削りながらお金を稼いでいます。そのお金の一部を渡してくれるのですから、感謝を感じざるを得ないでしょう。

さらに、お金がなかった頃は鹿の肉とリンゴ10個とかを運んで交換していたように、とても大変なものでした。お金があるおかげで紙切れ、もしくはネット上の数字を使うだけで欲しいサービスをすぐに手に入れることができるのです。使う時も、もらう時も感謝でいっぱいになるのではないでしょうか。

まとめ

このように、ただの紙切れにすぎないお金にはいろんな思いが込められて私たちの元へと回ってきていることがわかりました。考えて欲しいですが、あなたは「お金さえあれば・・・」と怨念のこもったお札を受け取りたいでしょうか?

なにか悪霊のようなものがやってきそうで嫌ですよね。信じるかどうかは別として、見える人によれば、宝くじ祈願の神社などはそういった人間の欲や生霊がうごめいているといいます。

類は友を呼ぶといいますので、是非とも今日からお金を払う時には感謝の気持ちを持って支払ってみてはいかがでしょうか。ということで今日のあくしょんステップは、『お金を払う時に"ありがとう"と言ってみる』ということです。

心の中に大きな変化ができるので是非ともやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加