学ぶろぐ

漫画のセリフで学ぶキソ英語チャンネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、新たに「漫画のセリフで学べるキソ英語シリーズ」をYouTubeにて開設しました。

企画について

この企画は、漫画やアニメのセリフを通して英語をビシッと喋りたいという厨二病丸出しの諸君のために作られたシリーズなのです。

シンガポール在住経験のある製作者自身、学生時代のノートを見返してみるとワンピースの英語の名言がずらりと書かれており、そこから英語勉強を始めていたことを思い出しました。

そして、このあくしょんアカデミアというチャンネルは新たに作り上げたYouTubeチャンネルです。このチャンネルはアカデミア、すなわち学問として学ぶことを完全無料、広告なしで配信していきます。

学びとは本来もっと自由に楽しくできるものということを体現するために作られたチャンネルですので、是非ともあなたもコメント欄にどんどん書いて理解を深めていってください。

 

この企画のいいところ

ぶっちゃけ、教科書の英語の文章ってクソつまらない内容です。「メアリーは学校に行きます」とか書かれてても「だからなんだよ」とメアリーに極太まゆげの落書きをする人が大半でしょう。

英語は飽くまでも手段であり、本当の目的は英語を通して人とのコミュニケーションをとることが第一です。

いくら辞書や教科書の英語を暗記したところで、その言葉で相手の心を動かすことが出来るとは限りません。

そこで、あなたの好きな漫画やアニメのセリフを覚えることによって、英語がより理解できるようになるだけではなく、適したシーンにそのセリフを言って相手の心を動かすことができるようになります。

例えば私自身、シンガポールで奇行をする女性がいたのでワンピースのルフィがスモーカー大佐言ったセリフ、「I don’t hate you ! (おれ、お前嫌いじゃねぇな!)」と言ったところその女性と仲良くなれたりしたこともありました。

いやぁ、ほんと、ルフィのセリフはかなりあっちで使ってましたね。

I’m going to be the king of pirates! (海賊王におれはなる!) のパロディだったり、That’s for what I wish for! (望むところだ!)みたいな感じで使ったり。。。

このコースでは、意味がわからない状態で文章を丸暗記するのではなく、一から順番に文法をマンガのセリフを使いながら解説をしていってます。

ただ、どうしてもセリフって結構むずかしい文法になることがあるので、最初の方はあまりあなたのお気に入りのセリフが見つからないかもしれませんが、英語力がつくほどにかっこいいセリフが言えるようになると考えて学習を進めていってください!

さらなる高みへ

英語を理解できるようになるだけではなく、喋ることができるようにならなければあまり意味がないと思っています。

わたしはシンガポールに行く前に、通訳者と同じトレーニングをしていたためにシンガポールに行ってから会話に困った経験はほとんどありませんでした。

そこで、わたしがやっていたのと同じ方法をマンガのセリフを使って学べるように只今制作中ですのでお待ち下さい。

しばらくしたらこの記事の↓ここのところに準備する予定です。

▶︎

 

教材作成のウラ話

この英語の講座を作っていく上で、とにかく漫画を読みまくりました。もう、人生でこんなに漫画を読むことはないですよ。読みたくないときにも読んでましたから。

ただ、漫画を読んでいくうちに自分の中に恐ろしいパワーがみなぎっていることに気づきました。

漫画、火ノ丸相撲の中では相撲には心・技・体が重要だと言われていますが、これはどんな分野でも同じだと言えます。

我々が日本人として生まれたのであれば、ネイティブのような体を持ち合わせてませんし、勉強をしていなければ技が身につくこともありません。ただ、マンガの名言を英語に訳していく中で、そのセリフのひとつひとつが心に響いていき、やがて自分もマンガの主人公のような考え方に変わっていったことに驚きを覚えてきました。

是非ともせっかくの英語を学ぶのであれば、無味乾燥な英語の文章ではなくて、心に響くような言葉を英語で学んでみてください。

 

それでは今回は以上。

スキルを身につけ、新たな世界へ挑戦するヒーローとなれ。

いつか会える日を。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加