ボンバスティックなPhotoShop講座

iPhoneから飛び出るお馬さん 【Photoshop講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、ARとかVRとかが流行っていますけれどもそれっぽい一枚絵をPhotoshopで作ってみます。今回はAR風の一枚絵を作るべくiPhoneからお馬さんが飛び出る加工のやり方を見てみましょう。そこまで難しくはないです。

 

特に今回は消しゴムツールを使わずに、レイヤーマスクを使って作成していきます。

マスクを使うことによって、ブラシの白黒を使うだけで表示したり非表示にできるので「消してしまったけど戻したい!」って時に役立ちます。

早速、マスクの使い方を学んでいきましょう。

【動画】

https://www.youtube.com/watch?v=xsYcXNBth-Q

 

レイヤーマスクを作成し黒と白ブラシで消したり出したり!

1, レイヤーマスクで切り抜く方法

まず基本的にレイヤーマスクの使い方を見ていきます。

最初はこのありふれたiPhone写真の背景を削除していきます。

 

天空の切り抜きのときに紹介した自動選択ツール(W)を使って、手とiPhone以外の背景を選択したら、「選択とマスク」と使ってエッジを調整していきます。

するといつものごとくDeleteで背景を消したいところですが、今回はマスクなので新規レイヤーマスクを追加するところを押すことで、非表示にすることができます。

サムネイルが白黒になってますが、黒が見えない部分、白が見える部分なので、消したい時は黒ブラシで塗り、表示させたい時は白ブラシで塗ることができますね。便利!

ということで実際に手の指の間の部分を黒で塗ってみると、うまく消すことができました。

はみ出たら、 X を押すことでブラシの白黒を入れ替えることもできます。

同様にiPhone画面内も黒で塗って消しておきましょう。

そうしたら、道の背景を挿入します。

道の背景もこれから切り取りますが、見やすいように手とiPhoneの不透明度を下げておきます。

新規レイヤーマスクを作成して、多角形ツールとかでiPhoneの画面に映るように道の部分だけ切り抜きます。ここは先ほどと同じやり方ですね。

次に、iPhoneから道が飛び出るように見せたいので、iPhoneの道がかぶる部分を黒ブラシを使ってゴシゴシ消していきましょう。

はい、するってぇーと、こんな感じにiPhoneから道が飛び出てきました。

続いては騎馬隊を道の上にのっけていきます。

騎馬隊もiPhoneと同様にレイヤーマスクで切り抜いていきますが、背景が単純ではないのでかなり時間をかけながら細かく消していきます。私は30分くらいかかりました。汗

切り抜いたお馬さんたちは、⌘ T で変形できるようにしてから「右クリック>遠近法」などで道の上に違和感なく乗るように配置していきましょう。

2, 馬に影をつけたす

お馬さんに影がないとおかしいので、馬のレイヤーを複製(alt[option]   ドラッグ)して、二つとも並べます。

そうしたら下に配置した方に、「イメージ>色調補正>カラーバランス(or 色相・彩度)」

そして明度を下げることによって下のレイヤーの馬が真っ黒になります。

真っ黒になった馬のレイヤーを⌘ T & 右クリックして「垂直方向に反転」をして馬の足に影っぽくなるように配置します。

配置の時はぴったり重ならないので、「ワープ」を使ったり、また黒白ブラシでレイヤーマスクを表示して影を描いたりしていきます。

ほい。

「フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)」を選択することで作った影がぼけます。

不透明度を下げることでさらに影らしくなってきますね。

3, iPhoneに逆光の要素を付け足す 

逆光を作りたいので、「新規レイヤーを作成」して「塗りつぶしツール(G)」で画面を真っ黒に塗りつぶします。そして、「フィルター>描画>逆光」をして太陽を作り出します。

光が足りない時はメーターをあげてください。今回は1.5倍くらい明るくいきます。

黒い部分は「スクリーン」設定することで消えるので太陽だけ出現します。

 

逆光をiPhoneの中の空に配置しましょう。

光の色は色相・彩度から変更していきます。もーちょい黄色を入れたいね。

補正をしたら、太陽と補正の二つのレイヤーを最前面にコピーすると、めっちゃ明るくなります。

役割としては下の太陽は道だけを照らして、最前面の太陽は馬や全体を照らします。下の太陽は道のレイヤーのマスクサムネイルをコピーして貼っておきます。

続いて、最初に貼り付けた空と道の背景を最背面に設置して、レイヤーマスクと素材自体を切り離すことで元の画像に戻すことができます。

こんな感じで、マスクさえ削除すれば補正前の写真です。

あとは色調補正で、お馬さんたちに「明るさ・コントラスト」を適用して暗くしたあとに、そのレイヤーマスクを黒で塗ることで塗った部分が明るく見えます。

光が当たってると思われる頭などを黒ブラシで塗っていけば完成です。

するとこんな感じでスマホから馬が飛び出るARのような写真加工が完成しました。

是非とも真似してみてくださいな。

 

【オススメの記事】

チルトシフト技法でミニチュア模型風加工 【Photoshop講座】

↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加