英語 ★ English

違いを生む学習法!ジョブズの名言で学ぶ英語長文2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◀︎PREVIOUS ジョブズの長文1

違いを生む学習法!ジョブズの名言で学ぶ英語長文1

8.Broad-based education

Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country... I decided to take a calligraphy class to learn how to do this ... It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can't capture, and I found it fascinating. None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me.

-Commencement address,Stanford University,Stanford University 12 June 2005

解説)[Read college]は当時[at that time]、おそらく我が国でも最高のカリグラフィの指導を提供[offered]していた。カリグラフィのクラスを受け、そのやり方を学ぶことを決めた。それは美しく、歴史的で、科学では計り知れないほど芸術的繊細さ[artistically subtle]があり、魅了された[I found it fascinating]。これが私の人生で役立つ[practical application]とは思ってもみなかった。

つまり役立つ望みは持っていなかったということ。

しかし10年後、我々がMacのデザインをした時、それを全て思い出した[it all came back to me]のです。

9.Broad life experience

A lot of people in our industry haven't had very diverse experiences. So they don't have enough dots to connect, and they end up with very linear solutions without a broad perspective on the problem. The broader one's understanding of the human experience, the better design we will have. - Wired, February 1996

[A lot of people in our industry] 我々の業界の多くの人々は、多様な経験をしてきていない。だから彼らはつなぐべき点[dots to connect]を十分に持っておらず、問題に対して広い見識なし[without a broad perspective]で直接的な解決策で片付けようとする。

[The broader...,the better] の部分は「比較級 + 比較級」(より...なほど、より...)の形。

人としての経験をより幅広く理解するほど、より優れたデザインを手にすることができる。

10.Company Focus

We do no market research. We don't hire consultants ... We just want to make great products. -CNNMONEY/Fortune February 2008

訳)

我々はマーケットリサーチをしない。コンサルタントも雇わない。

我々は単に偉大な製品を作りたいだけなのだ。

11.Competition

After Apple management coplaint about the six Apple employees SJ was taking with him to start NeXT:

I wasn't aware that Apple owned me, you know. I don't think they do. I think that I own me. And for me not to be able to practice my craft ever again in my life seems odd. We're not going to take any technology, any proprietary ideas out of Apple. We're willing to put that in writing. It's the law, anyway. There is nothing, by the way, that says Apple can't compete with us if they think what we're doing is such a great idea. It's hard to think that a $2 billion company with 4300-plus people couldn't compete with six people in blue jeans. -Newsweek 30 september 1985.

訳&解説))[Apple management complaint about] Appleの経営陣が不満を言った。何についてかというと[the six Apple employees SJ was taking with him]SJ(スティーブジョブズ)が連れて行った6人の従業員について。NeXTを立ち上げるために。

[be aware that]は「〜に気がつく」といった意味。アップルが私を所有しているとは思いもしなかったということ。そして、私は自分を所有していると考えていると言っており、私の技術[craft]を自分のために使うことが人生の中で二度とできない[not...ever again]ことが奇妙だと言っている。

Appleから技術や優位的なアイデア[proprietary ideas]を取るつもりもない。そのことを書面に書くつもりだし、とにかくそれが法律だ。[There is nothing] 我々のしていることがものすごいアイデア[such a great idea]だとAppleが考えて、我々と競争できないというのであれば何も言うことはない。

4300人以上の人員を抱える20億ドル企業[a $2 billion company with 4300-plus people]と[six people in blue jeans]は青いジーンズを履いた6人を対にして述べている。

12.Computers

The problem is, in hardware you can't build a computer that's twice as good as anyone else's anymore. Too many people know how to do it. You're lucky if you do one that's one-and-a-third times better or one-and-a-half times better. And then it's only six months before everybody else catches up. -Rolling Stone, 16 June 1994

訳&解説)

「問題は、ハードウェアにおいてコンピュータを作ることができない」と言っており、that's 以下で「他の誰かが作るものの2倍も優れた」とコンピュータを説明している。twice(half) as ~ as … は、 「…の2倍(半分)~」という意味。
あまりにもたくさんの人々が、
どうすればいいか分かっている。この場合の[do it]は、[build a computer] (コンピュータを作る)の部分

あなたはラッキーだ、もし1.3倍、か1.5倍もの優れたものを作ることができれば。[one-and-a-third]は「1と3分の1」ということで(約)1.3を表し、[one-and-a-half]も「1と半分」なので1.5を表す。[〜times better]は「〜倍優れている」という意味。

ただし、それは他のみんなが追いつくまでのたった6ヶ月間だけである。[catch up ]は「追いつく」という意味。[catch up with 〜]で「〜に追いつく」という意味になる。

 

13.Computers for everyman

The roots of Apple were to build computers for people, not for corporations. The world doesn't need another Dell or Compaq. -TIME, 18 October 1999.

訳&解説)

アップルの原点[roots]は、人々のためにコンピュータを作ることであり、企業のためではない。世界は、別のデルもしくはコンパックを必要としていない

14.Computers as tools

What a computer is to me is the most remarkable tool that we have ever come up with. It's the equivalent of a bicycle for our minds. -Memory & Imagination, 1990

訳&解説)

私の元にあるのコンピュータは我々が今までに思いついたものの中で最も注目に値するツールだ。[come up with 〜]で「〜を思いつく」

それは我々の頭脳の自転車のようなものだ。[bicycle for our minds]は移動効率を高める自転車のように、コンピュータが頭脳の効率を高めるという示唆。

15.Confusing product lines

What I found when I got here was a zillion and one products. It was amazing. And I started to ask people, now why would I recommend a 3400 over a 4400? when should somebody jump up to a 6500, but not a 7300? And after three weeks, I couldn't  figure this out. If I couldn't figure this out ... how could our customers figure this out? - Apple worldwide developers Conference 1998

訳&解説)

私がここに戻って来て分かったことは、莫大な量の製品があるってことだ。[zillion](莫大な)

驚いたよ。それで、私は皆に尋ねたんだ。「今、4400よりも3400を推す理由は何だ? [recommend A over B]で(AよりもBが良いと勧める)の意味。

グレード・アップするときに、なぜ7300ではなくて6500にしなければならないんだ?」 3週間経っても、私には分からなかった。[figure out]は「見つけ出す、理解する」という意味。 (自分たちがわからないことを)それでどうして外の顧客がわかるっていうんだ?

16.Consumer product design

On the iPad:Look at the design of a lot of consumer products - they're really complicated surfaces. We tried to make something much more holistic and simple. when you first start off trying to solve a problem, the first solutions you come up with are very complex, and most people stop there. But if you keep going and live with the problem and peel more layers of the onion off, you can oftentimes arrive at some very elegant and simple solutions. Most people just don't put in the time or energy to get there. We believe that customers are smart and want objects which are well thought through. -Newsweek 14 October 2006

訳&解説)

多くの消費者向けの製品のデザインを見てみろ。そいつらの第一印象は本当に複雑じゃないか。我々はよりバランスが取れていて、シンプルなものを作ろうと試みてきた。[holistic]は「全体的な」という意味で、バランスが取れているイメージ。

問題を解決しようと動き始め[start off]たら、最初に思いつく解決策というのは実に複雑なので、大抵の人はそこで止まってしまう。だが、もし解決策を探し続けていくのであれば、玉ねぎの皮がむける[peel more layers of the onion]かのごとく、エレガントでとてもシンプルな解決策へとたどり着くことになるだろう。

大抵の人たちは、そこにたどり着くために時間や労力を使おうとはしないのだ。我々は、消費者は賢くて、よく考え抜かれたもの[objects which are well thought through]が欲しいのだと信じている。

(object which が主語の受動態の形)

↑ジョブズがシンプルを追求した末に完成したコンピュータ。

Apple has a core set of talents, and those talents are: we do, I think, very good hardware design; we do very good industrial design; and we write very good system and application software. And were very good at packaging that all together into a product. We're the only people left in the computer industry that do that.

-The Rolling Stone interview 16. June. 1994

 

解説)

アップルは重要な才能のまとまりを持っている。

その才能とは、我々はとても優れたハードウェアのデザインをすることであり、優れた工業デザインをすることであり、優れたシステムとアプリケーションソフトを書くということだ。

そしてそれら全てを一つの製品に詰め込むことを得意としている。我々はコンピュータ業界の中でそれをやってのける、残された唯一の集団なのだ。

『:(コロン)』は詳述や言い換えの時に使う。つまり一文目のthose talents  の talentがどういうものなのかを詳しく説明している。『;』はさらに説明を続ける時につけるので、「つまり、すなわち」と訳すとつながる。『be good at 〜ing』は「〜することが得意」という意。

[We are the only people] 「我々は唯一の人々」と言った後に、その人々は何かを説明している。 

和訳)

I'm always keeping my eyes open for the next big opportunity, but the way the world is now, it will take enormous resources, both in money and in engineering talent, to make it happen. I don't know what that next big thing might be, but I have a few ideas. -CNNMoney January, 24, 2000

次に来る大きな機会へ向けて私は常に目を光らせている[keep one's eye open]。しかし、世界は現在、金融とエンジニアリングの才能の両方を生み出すために莫大な資源を使っていくだろう。次なる大きな機会が何になるのかは私にはわからないが、いくつか見当はついている。[a few]は「少しある」という意味で[few]だけなら「少ししかない」という意味になる

 

▶︎NEXT ジョブズの名言3 

jobsenglish3-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加