英語 ★ English

違いを生む学習法!ジョブズの名言で学ぶ英語長文1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルの創業者スティーブ・ジョブズの比較的長文の名言を英語と解説を含め羅列していく。スティーブジョブズについて知らないのであれば、先に調べておくことをお勧めするぞ。

ここで書く名言は長文読解とか、リーディング用に役立ててくれ。英文を読み解くことは、ネットや海外誌などから情報収集する上でとても重要な意味を持つし、リスニング能力の向上にも関わってくる。

では、始めよう。

⒈Think Different

Here's to the crazy ones. The misfits. The rebels. The troublemakers. The round pegs in the square holes. The ones who see things differently. They're not fond of rules. And they have no respect for the status quo. You can quote them, disagree with them, glorify or verify them. About the  only thing you can't do is ignore them. Because they change things. They push the human race forward. And while some may see them as the crazy ones, we see genius. Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.

解説)動画内に日本字幕があるので和訳は省略する。

2文、round pegs は丸い杭のことで、それが四角い穴にある、つまり四角い穴に丸い杭を打ち付けるという解釈。『status quo』 は「現状」。You can quote them...の「見積もることはできる」からできることを言っておき、のちに[the only thing you can't do is ignore them]で「唯一できないのは彼らを無視することだ」と言っている。

『while some may see them...』は「〜する人がいる一方で」とできるので「彼らをクレイジーと捉える人がいる一方で、我々は彼らを天才と捉える」のような訳。

『the people who are crazy enough to think they can change the world』、「世界を変えられると考えるほどクレイジーな奴ら」は「形容詞+enough to +動詞」で「〜(動詞)するのに十分な〜(形容詞)」となる。

2.Apple's core employees

All we are is our ideas, or people. That's what keeps us going to work in the morning, to hang around these great bright people. I've always thought that recruiting  is the heart and soul of what we do. -30 May 2007

解説)タイトルから文章が何を言ってるのかがわかる。 [core employees]つまり核となる社員のことを言っている。

[All we are] で『我々を我々たらしめるすべてのもの』といったニュアンス。それはアイデアだったり、人たちであると言っており、その後でその [bright people] (優秀な人たち)と[hang around] (つきあう)ために仕事に行くのだと言っている。その後でジョブズの考え、[recruiting is the heart and soul]、つまり新規採用することは我々がするする中で心と魂の部分となる重要なことだと言っている。

3.Apple's DNA

Most of us can't wait to get to work in the morning. But it's not like Apple has somehow morphed into a mass-market consumer electronics company. Our DNA hasn't changed. It's that mass-market consumer electronics is turning into Apple.   -CNN MONEY 21 February 2005

解説)[Most of us](我々の大半)は[can't wait] つまり朝仕事に行くことが待てない、つまり待ち遠しいと言っている。[morph into] は「〜に姿を変える」、[mass-market]は「大衆市場」という意味。つまり大量消費市場に向けた電子会社[mass-market consumer electronics company]へと姿を変えたわけではないと言っており、アップルのDNAは[hasn't change]変わっておらず、[mass-market consumer electronics]がAppleへと変わったと言っている。

4.Apple's existence

What if Apple didn't exist? Think about it. Time wouldn't get published next week. Some 70 per cent of the newspapers in the U.S wouldn't publish tomorrow morning. Some 60 per cent of the kids wouldn't have computers; 64 per cent of the teachers wouldn't have computers. More than half the websites created on Macs wouldn't exist. So there's something worth than saving here. see? TIME 18 august 1997.

解説)[What if]「 もしAppleが存在していなかったら...」 と仮定から入っている。なのでそれ以降の文章も[Time wouldn't get published...]とwould(〜しないだろう)を使っている。ここでは[数値 per cent of 〜wouldn't]ということで「〜の〜%は〜しないだろう」という文が続いている。savingは[省力]ということで、ここで省力するよりも頑張ることに価値があると言っている。

↑カリフォルニアにあるアップル本社だ。

5.Being the best

We're not going to be the first to this party, but we're going to be the best. -8 April 2010

[not ... ,but〜](...ではなく〜)の文章。partyは分野のことなので、その分野で[first](一番)になるのではなく、[best](最高)になるのだと言っている。

6.Beyond recruiting

It's not just recruiting. After recruiting, it's building an environment that makes people feel they are surrounded by equally talented people and their talented people and their work is bigger than they are. The feeling that the work will have tremendous influence and is part of a strong, clear vision - all those things. Recruiting usually requires more than you alone can do, so I've found that collaborative recruiting and having a culture that recruits the 'A' players is the best way. Any interviewee will speak with at least a dozen people in several areas of this company, not just those in the area that he would work in. That way a lot of your 'A' employees get broad exposure to the company, and - by having a company culture that supports them if they feel strongly enough - the current employees can veto a candidate. -in the company of giants 1997.

解説)「それは単なる新人採用ではない」と始まっている。では何かと言うと、[it's building an environment]つまり(環境を作ること)。どんな環境かというとthat 以下の「彼らが同じような優秀な人たち[equally talented people]に囲まれ、彼らの仕事がそれよりもすごいこと[their work is bigger than they are]だということを感じさせる環境」のことを指している。そしてその仕事は莫大な影響力[temendous influence]があり、強くて明確なビジョンの一部[part of a strong, clear vision]ということを言っている。新人採用[Recruiting]では単独でできること以上のものが求められると言っており、ジョブズは協力的な採用[collaborative recruiting]、そしてAプレーヤーを見つけるという社内文化を持つこと[having a culture that recruits the 'A' players]が最高の方法だということがわかったと言っている。面接をするものは誰でも[Any interviewee]自分が働く分野だけでなく、少なくとも10人以上もの異なる分野の社員達[several areas of this company]と話すこととなると言っている。

[The way]「そのやり方」とは、[a lot of your 'A' employees get broad exposure]つまり、「たくさんの社員に顔見せする」やり方のこと。それによって社員が面接を受けに来た人の中に社内文化[having a company culture]を強く感じるかどうか[if they feel strong enough]で、その候補者を採用にしたり逆に拒否[can veto a candidate]したりすることができる。

7.Branding

 

We don't stand a chance of advertising with features and benefits and with RAMs and with charts and comparisons. The only chance we have of communicating is with a feeling. - World's most innovative company 2006

解説)[stand a chance of〜]は「〜の可能性がある」という意味。つまり「我々は特徴や利点、RAM、図表や比較で広告するという可能性はない」と言っている。

その代わりに我々のもつ人に伝える唯一の方法[The only chance we have of comunicating]とは[feeling]感覚だということを言っている。

What are the great brands? Levis, Coke, Disney, Nike. Most people would put Apple in that category. You could spend billions of dollars building a brand not as good as Apple. Yet Apple hasn't been doing anything with this incredible asset.What is Apple is about people who think 'outside the box', people who want to use computers to help them change the world, to help them create things that make a difference, and not just to get a job done.  - TIME, 18 August 1997

解説)偉大なブランドとは何かと問いかけた後、ジョブズはAppleもLevisやCoke, Disneyと同じカテゴリーに入ると多くの人は思うだろうと言っている。

ここでのYouはあなたという意味ではなく、一般的な呼びかけの意味なので訳さなくていい。つまり「アップルほどではないにしても何億ドルも費やせばブランドを作ることができるかもしれない。」と言っており、そのあとに[Yet Apple hasn't been doing anything...]「にもかかわらず、Appleは何もしてこなかった」、[with this incredible asset]「この驚くべき資産」に対して言っている。

ここから先はアップルとはどんな会社[What is apple is...]なのかを言っており、それは世界を変える人々を手助けすること[to help them change the world]であり、違いを生み出す人々を助けること[to help them create things that makes a difference]といっている。そしてその人々とは誰かというと、ただ(仕事を終わらせようとする人)[just to get a job done]ではなくて、その前にあった[people who think 'outside the box'](既存の枠にとらわれない人)であり、[people who want to use computers](コンピュータを使いたい人)のことだと言っている。

 

▶︎NEXT ジョブズの名言で学ぶ英語長文2

違いを生む学習法!ジョブズの名言で学ぶ英語長文2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加