プラネット【クラブ活動】

Photoshopで氷文字をひんやり作る!サムネイルにオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「サムネイル」と打つと「寒ネイル」になっちゃう村上です。

YouTubeとかで動画のサムネイルを作ると思いますが、その時に少し変則気味の文字を書けると注目度が変わってきます。

 

...ってことでこれから、Photoshopを使って氷で文字を書く方法をご紹介していきたいと思います。なかなかオシャレにもかかわらず、5分以内で簡単に書けるので是非とも真似してみてください。

【動画】

https://www.youtube.com/watch?v=O2epTSh5BhA

氷文字は氷の素材とベベルとエンボスで作れ!

はい、まずは文字を入れる背景を準備します。

今回は南極か北極かわかりませんが、氷山の写真です。

はい、ここはオマケですが、白熊を入れます。

白熊がいるってことは北極でしょうね。

自動選択ツールとかを使いながら白熊だけを切り抜いていきます。

選択とマスクをうまく使いながら毛とかも切り抜きましょう。

選択したらマスクを追加することで切り抜くことができます。

そうしたら今切り抜いたホッキョクグマを alt (option) キー + ドラッグでコピーしておきます。

コピーしたホッキョクグマの色相・彩度を下げておいて、右クリックから「垂直方向に反転」をしておくことでこれから影を作っていきます。

影なので不透明度は下げておきましょう。

さらに、「フィルター」からの「ぼかし」、そして「ぼかし(ガウス)」をかけておいて、影の曖昧感を演出します。

はい、オマケに時間がかかりました。

ようやく文字を書いていきますので、新規レイヤーで文字を作っていきましょう。もう、今回はシンプルに ICE と書きます。

そしたら、そのICEの文字のレイヤーをダブルクリックしてレイヤースタイルのパネルを出したら、「ベベルとエンボス」にチェックマークを入れて数値を写真のように調整してみます。

Photoshop ベベルとエンボス

「ベベルとエンボス」の次は、「光彩(内側)」にチェックを入れて、写真のように数値を調整しましょう。氷のひんやり感が出てきましたね〜。

photoshop 光彩(内側)

そしたら、氷の材質の素材をICE文字の上に挿入しましょう。

氷の素材を挿入

氷の素材に「オーバーレイ」をかけておき、自然に溶け込むように不透明度を下げておきます。

オーバーレイと不透明度を使う

右クリックを押して、「クリッピングマスクを作成」というのを選択すると、文字の部分にだけ氷の素材が適用されるようになります。

クリッピングマスクを作成を適用

ICE文字をCommand (Control) + クリックで選択範囲を作成しておきます。

そして、マスクを追加しましょう。

command クリックで選択範囲に

ICEのマスクを作成したら、マスクのサムネイルを選択した状態で、「フィルター>ピクセレート>水晶」を選ぶことで、氷のギザギザ感ができます。

フィルター>ピクセレート>水晶

まぁ、数値は色々と調整してみてください。

不透明度を下げて、黒ブラシと白ブラシを使いながらマスクの範囲を変えることができます。すると、氷を削ることができるんです。

あとは、先ほどの要領で影を作っていけば完成です。

⬇︎インスタグラムではこんな感じで公開しました。

まぁ、YouTubeのサムネイルやツイッターのつぶやきとかに使ってみてはいかがでしょうか。

きっと他とは違う反応があるはずです。

↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/