ボンバスティックなPhotoShop講座

ONE PIECE 鷹の目のミホーク風ヒゲの描き方 【ボンバスティックPhotoshop講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結構、Photoshopで有名人とかの加工載せてる人いますけど、あれって著作権的にアウトじゃないんですかね?といいつつ今回はミホークのヒゲなんです。ヒゲに著作権はないでしょ〜。

さぁ、今回はワンピースで王下七武海の一人で世界最強の剣士ジュラキュール・ミホークのヒゲをブラシで描いてみましょう〜。

 

【動画】

毛を一本決めて散布すれば簡単にヒゲが描けるのだ

1、まずヒゲの新規レイヤーを作成しヒゲを作る

そしたらヒゲを一本描けるように作ります。とはいえ、今回はすでにブラシプリセットの中に用意されているのでこいつを選択します。これを使えばヒゲだけでなく動物の毛や草もかけます。

ブラシプリセットで[散布]を適当に設定して、[シェイプ]で角度のジッターを[進行方向]に設定することで、ブラシを描く進行方向に自動で毛先が向きを変えてくれます。

はい、こんな感じです↓

これじゃ不自然なので、毛のサイズと色を本物を参考にしながら設定してアゴに付け足していきましょう。

反対側も描きます。進行方向に対して毛先が変わってます。

鷹の目のミホークらしく口ひげをシャキンと作ります。

まぁ、あとは本物と見比べて描いていってね。

眉毛の方も描いていくことです。

眉毛が二本できちゃってるので、コピースタンプツールを使って元の眉毛を消し去りましょう。

パッチツールを使って塗った部分を目立たなくするために目の下の部分をコピーして貼り付けましょう。

あとはその上に眉毛を描き足せば目立たなくなりましたね。

2、色をオーバーレイして鷹の目を作ってみよう

鷹の目を作るために、新規レイヤーを作成して、なげなわツールとかで目の黒目の部分を囲みます。まるーくね。

そしたら塗りつぶしツールでオレンジ色を丸の中に塗りつぶしていきましょう。

そして、オレンジ色のレイヤーを[オーバーレイ]設定すれば瞳にいい感じに馴染みます。

エッジをなじませるために消しゴムツールで端っこをぼかしておくといいですね。

瞳孔の部分をつくるため、黒ブラシで瞳孔を描いておきましょう。

そして瞳孔の周りに黒いわっかをつくって鷹の目らしい目をつくれば完成ですね。

まぁ、こんな感じのアニメとか人気があれば今後も作ってみましょうかねー。

じゃ、また次回!

【オススメ記事】

女性にブラシで煙を描き足す【ボンバスティックPhotoshop講座】

Facebook Comments
↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加