魂のレベルが上がるお話

感情面まで緻密に設計されていない夢は絶対に叶わない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが一度は夢を描いたことがあるにもかかわらず、その大半が夢を挫折したり諦めていたり忘れていますが、その原因は夢を蝕む負の感情の積み重ねにあります。

夢を叶えた世の中で活躍する人や一流と呼ばれる人たちはその感情を乗り越えた人たちばかりであり、例えばビートルズで名を馳せたジョン・レノンもまたその感情を克服した人物でした。スターへの道を歩む上で賞賛と共に多くの批判を受けてきたジョン・レノンは、将来の不安という感情に対して次のように述べました。

『人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう…」こんなくだらない感情のせいで、どれだけ多くの人が、やりたいこともできずに死んでいくのだろう』

By Jack Mitchell, CC BY-SA 4.0-3.0-2.5-2.0-1.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=15047490

多くの人の夢を断念させてしまうのは不安や恐怖といった負の感情ですが、夢を助けるのもまた夢を叶えたい感情であり、感情とはライフル銃のように狩りを簡単にすることもあれば人を殺してしまう強力なものでもあります。

当然、感情という名のライフル銃を自分に向けてズドンと放てば自分を殺すことになり、目標に対して放てば目標を達成するために非常に心強いツールになるはずです。多くの人が感情というライフル銃を使いこなせておらず誤爆や反動で死んでいる中、感情を利用して目標へ構えることができればこれ以上にない武器へとなるわけですが、実際、感情をコントロールすることは銃の扱いよりも難しいものなのかもしれません。

感情が湧かなければ夢は描けないが、夢が描けなければ感情は湧かない

生まれ持った性格が夢への助けとなることもありますが、フロイトやユングに並ぶ心理学者アルフレッド・アドラーは、「生まれ変わる必要はない。感情の使い方を変えればいい。」と言っており、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズはその感情の使い方を変える方法として次のようなことを述べています。

「嬉しいから笑う。悲しいから泣く」ではなく、

「笑うから嬉しくなる。泣くから悲しくなる」

感情を変えたければ表情を変えろ。

言葉で説明できる感情は3000種類もありますが、平均的な人が1週間に経験する感情はわずか10種類程度であり、お弁当箱に入れる具材のようにその10種類の感情を選ぶことができます。どの感情を選択するのかは、体の健康状態や何に意識を集中させているかによって変わってきますが、選択できる感情の中には行動を促す積極的な感情と消極的な感情の2種類があります。

例えば、信念、愛情、情熱、ロマン、希望に関する感情を抱いている時には行動を起こそうと積極的な姿勢になりますが、恐怖や嫉妬、不安、恨み、貪欲、迷いや怒りの感情を抱いている時には思考が止まりクリエイティビティは失われ生産性が低下していきます。

By Notman Studios (photographer) - [1]MS Am 1092 (1185), Series II, 23, Houghton Library, Harvard University, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=16250941

人間は幸せだから歌うのではない。歌うから幸せになるのだ。by William James

本来、夢とは自分が心から望むものであり他人がどう思うかを考えるものではありません。

例えば、「起業して億を超える資産を手に入れてその資産を社会貢献に使う!」といったような、世間的にカッコイイとか思われる夢を公言する人もいますが、そこの背景にある感情が「カッコイイと思われたい、冴えない人生に花を咲かせたい」という他人を意識するものであれば、本当の自分のやりたいことへ進んでいるとは言えないでしょう。

Photo by Flickr

そもそも、行動を起こすための意欲というものは感情と思考が結びついたものであり、そこに自分ならできるという確信が持てた時に人は思い切り行動を起こすことができます。

数々の行動を起こしてきた堀江貴文さんは、秋元康さんが3、4年の歳月と数十億円単位で投資をしてAKB48をヒットさせたのことを振り返ってこう言っています。

「(1から立ち上げて何年もAKB48の企画を続けたのは)秋元さんなりのこうやったら成功するっていうのがあって、あとはいくらまで我慢できるかだったんだろう。」

もちろん最初はお金が欲しいとか、自由になりたいといった感情の高ぶりが覚せい剤のように一時的な起爆剤になることはありますが、次第に恐怖や不安といった感情が同時に詰め込まれていくために多くの人は行動にまで移すことができなくなっていきます。するといつの日か、保身や安定という感情が勝り、恐怖や不安によって夢は感情を失っていき、心の片隅に埃をかぶって忘れ去られていくのです。

自分の夢や思い描いたプランを明確にするにつれて、「どうすればできるようになるか」を考えるようになるために、それはもはや夢という遠い存在から確信という名の自分の中の真実へと変わっていきます。

走らない選択が走れなくする。ゴールを確信して走り続けよう。

by Flickr

夢に対する意欲はリンゴの種のようなもので、これから育っていく確信や信念の前段階となります。意欲という名の種だけでは大きな夢の木はできませんが、種をやわらかい土と水で育てるように、意欲に思考を加えて育てていくことで強い信念を伴った夢へとなり、そこへ向かう波動力も高くなっていきます。

感情の伴った願望を強い信念と結び付けるためには、具体的に未来を思い描くという思考的作業が不可欠なのです。

思考という最も過酷な作業で感情と夢を緻密に設計していく

18歳でハーバード大学を卒業し思想家となったラルフ・ワルド・エマソンは、「明けても暮れても考えていることがら、それがその人なのだ」ということを悟り次のようなことを述べています。

「政治的な勝利、地代の値上げ、病気の全快、長いあいだ留守にしていた友人の帰還、このほか種々の外部的な事象は人間の精神を高揚させ、幸せな日々が到来するような予感を抱かせる。これを信じてはならない。そんなことは決してない。自分に平和をもたらすのは、ほかならぬ自分自身なのだ。」

By User:Scewingderivative work: 2009 - Ralph_Waldo_Emerson_ca1857.jpg, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11868430

自動車王ヘンリー・フォードは”考えること”は最も過酷な仕事だと述べていますが、我々は感情や意欲を夢へとつなげるための”考えること”をなるべく避けようとしています。ただの夢を描くことはある程度までは感情や欲望の力でできるかもしれませんが、"叶う夢"や"人を動かす夢"を描くためには脳みそに汗をかいて時間をかけて考えるしかありません。

なぜマーティン・ルーサー・キングJrの演説に25万人もの人が集まったかといえば、彼が日頃から人々がイメージできるような言葉で夢を語っていたからであり、サグラダファミリアを設計したアントニ・ガウディの意志が100年以上も受け継がれているのは彼が「最高のものを神に捧げる」というヴィジョンとともに設計に10年単位で時間をかけ実験を繰り返して模型を作り上げる緻密な思考活動に力を注いできたからでしょう。

夢への緻密な設計は100年以上も人々の行動を促す

想像力は意志の力よりもはるかに強力であり、意志の力がなくても思考を繰り返して夢を鮮明にしていくことによってそこに臨場感が加わり、感情が動き、やがて脳は意志とは関係なく想像した世界の方へと向かうようになります。ある意味、夢を描くということはストーリーを創作することに似ており、そこにはあなたという主人公がどのようにして描いた夢を達成するかといった様子が見えてきます。

ワンピースやNARUTOといった漫画に没頭して次々と読み進めたりイベントに足を運ぶのは、そこに主人公のストーリーがあり登場人物に感情移入して虜になっているからでしょうが、夢の場合は没頭する対象を他人が作り上げた漫画から、自分の内側から作り上げるストーリーへと置き換えればいいだけなのです。

人生の主人公はいつでも自分だ。

知能の低い動物ほど外部の刺激に対して決まった反応をする習性があるため、ハンターはそれを知った上で罠を仕掛けます。しかし、知能を持った人間は習性に従うだけではなく、思考することによって自らの習性を書き換えることが可能です。感情に突き動かされて行動するのは動物にも可能ですが、短期的な欲望ではなく夢を優先する人間は自らの基準や価値を思考して自由に選択をすることができます。なので思考を重ねることで自分の夢や優先すべきことを行動に落とし込むことで人は主体的でいられることになります。

感情に流されず思考をすれば描いたものは達成できる

by flickr

応用の才気のない者につける薬はない

日露戦争を勝利に導いた近代日本最高戦略家の秋山真之さんは、『孫子』や村上水軍の戦術といった戦略書から戦い方を学び、戦略や戦術を学ぶ者に対し次のように述べています。

「戦略や戦術の原則は、海上も陸上も同一である。ただ使う手段だけが異なっているに過ぎない。だから、陸軍戦術から海軍戦術を割り出すことも可能となる。この点で、応用の才気のない者は、どんなに戦術を研究したところで、ただ単に口や文章だけの学者にしかならず、実践家になるのは難しい」

ガウディのような緻密な夢の設計をすることが重要だと説明しても、その考えを応用し実践家となる者は果たしてどのくらい存在するでしょうか?大抵の場合、日々の「重要ではないけど必要な仕事」で頭がいっぱいになり、緻密な設計をすることが大切と頭でわかっているだけの学者になるのが関の山でしょう。

当然、夢への道には苦しみもありますが、同様もしくはそれ以上に「重要ではないけど必要なこと」をする道にも苦しみがあります。クリエイターや新たな物を生み出そうとする人は、不明瞭な事柄が多いため思考や実践への不安や過酷さが増しますが、多くの人がその道を避けたがるからこそそこには価値が生まれ、優れた結果を出すことができるのです。

人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け (千利休)

ルネッサンス期の哲学者や秘密結社フリーメイソンに大きな影響を与えた古代の作家ヘルメス・トリスメギストスによると、「思考の的を絞れば、ほとんどの夢や目標を達成することができる」といいます。

これは現代では脳科学で説明することができ、何かに集中をして考えている時の脳波はα波の状態になっているため、目は冴えているがリラックスし、もっとも潜在意識にアクセスしやすくなります。α波がでている状態で目標をはっきりとイメージすることで潜在意識に目標が落とし込みやすくなりますが、このときに前向きな考えだけを反復して潜在意識に落とし込むことで前へと進む原動力になり得るようです。

明確なビジョンは無意識に手を引いてくれる

明確な夢のレシピ

明確なビジョンや夢を作るためには、意欲や感情だけでは足りず、まず大雑把な基本となるイメージを作り上げそれをどんどん洗練し続けます。それは彫刻家が粗く削った木の塊を細かくしていきヤスリで磨いて仏像を完成させるかのように、一つの夢を描き具体的にするまでに数ヶ月、数年かかることもあるかもしれません。ですが、優れた建築家は時間をかけてイメージをすることで細部のネジ一本からカーペットの色や質感、誰が使うのかや壁の寸法やペンキの量まで設計図を通して思い描くことができます。

Recipe 1. 情動から生まれた夢は思考で磨け

ウォルト・ディズニーは夢を描く天才であり、ディズニーワールドやさらに巨大な未来都市「エプコット計画」を思い描いていたため、彼の死後でもなおその計画は進み実現していきました。ディズニーは作品を創作する際には、夢想家(ドリーマー)、現実主義(リアリスト)、批評家(クリティック)の三つの視点を持っていたために、自分のやりたい夢を制限なく思いついた後に現実的にどうすればいいかを考え抜いていったと言います。

Disney drawing Goofy for a group of girls in Argentina, 1941 by wikimedia

夢を描く時に感情面まで描いておくと、その時の感情を今すぐに味わうことができます。この時に、自分の中で大切な感情や精神とはなにかをイメージすると、「他人から持たされる夢」に襲われることなく、自分が大切とする感情を満たすためにどういったことができるかをイメージし、夢が鮮明になっていきます。

例えば、ゲームが好きだからゲームクリエイターになるという夢を持ったとして、その結果どういった感情を味わいたいのかを想像していきます。

ゲームクリエイターで多くの人から愛されるゲームを作り子供達が夢中になっている姿を目にしたり、仲間からはあなたが唯一の存在だと頼りにされ、日々問題を解決していくことができる自分に自信と誇りを持っている様子が浮かび、それに対して家族も喜んでくれ、やがてそのゲームが知育や教育など様々な分野にも影響を与えて世界を良くしていきます。

この場合、手に入れたいものとしては尊敬や自己実現、承認や成長などという欲求ですが、中には「ゲームで大金を稼いで好きなところで好きな人と自由に暮らして、好きな時間にゲームをしたり作ったりする生活を送りたい。」といったような、安定や安心、好きなことを追求することを求める感情もあります。

ここで、自分がどういった感情を求めているのかを明確にしておかなければ、安定を求めているのに不安定な仕事が来たり、自由を求めているのに多忙になってしまったりと思わぬことが途中で降りかかってくるかもしれません。一見成功したかに思えるスターが転落していくのは、おそらく彼らが求めていた夢を掴んだ瞬間、思っていたものと違ったからかもしれません。

Recipe2. 夢を達成した時に何を感じたいかを明確にする

盛田昭夫さんがまだソニーを創業して間もない頃、ブローバ社がラジオのためのトランジスタを10万台注文したことがありました。当時、月に1万台程度しかトランジスタが売れていないソニーにとってまたとないチャンスでしたが、ブローバ社の社名で販売されると聞いた盛田さんはその提案を断り次のように述べました。

「50年後、ソニーの名前は貴社に負けないぐらい有名になります。そして、私がつくったラジオがそれを実現してくれるはずです。」

我々技術系の者は、目標設定がハッキリすれば、それに向かって創造できる。目標のためにはどうしたらいいかということで、逆に技術を開発していくわけです。 by 盛田昭夫

短期的な利益を捨てて自社を成長させようと決意できたのは、盛田さんの中にあるべき未来のソニーの姿が明確にあり確信していたからでしょう。孫正義さんやイーロン・マスク氏がビジョンを語るとクレイジーや法螺吹きの烙印を押されますが、彼らの中には一見不可能に思えるけど考え抜かれた明確なビジョンがあるからこそ堂々と人前で確信を持って話せるのでしょう。

Recipe3. 夢が先、方法は後。夢の達成を確信して振舞え。

夢を描く人は多いですが、確信を持って話せるかどうかが最も重要なのではないでしょうか。

まとめ:Do や Have は時間がかかるがBeは今からでも変えられる

ひとかどの人間は自分の夢が叶うと確信している点で、洗脳や催眠にかかっている状態と同じです。

ドイツのシュピーゲル誌によると、腕を骨折した患者にとある実験が行われたと言います。その結果、腕を骨折した人が怪我をした腕を動かせなくても、イメージトレーニングで筋力トレーニングをした結果、筋力の低下がほとんど見られなかったといいます。これは、イメージで何度も思い浮かべたことと現実の違いを精神的にも、身体的にも脳はほとんど分からないということになります。

これを利用して思い描くビジョンを何度もイメージするためには、その場で思いついた感情やイメージを文章化していくことが手っ取り早いですし、文章として残すことによってまた別のイメージが湧き上がり、より夢が鮮明になっていくのではないでしょうか。

夢想を明確に、現実と曖昧に。

夢の大きさが大きければ大きいほど手に入れたり所有する(HAVE)ために時間はかかるものですが、実際に未来にしている行動や習慣(DO)や、どういった人格を持って振舞うか(BE)は今日にでもできることがあるのではないでしょうか。それもまた、夢について思考するほど見えてくるでしょう。

シェイクスピアのハムレットに「人間は行動を約束することはできるが、感情は約束できない。思うに、感情は気まぐれだからである。」とありますが、感情を味方につけるためには、本当にその感情が自分の望むものなのかどうかを一度イメージと思考をしておく必要がありそうです。

参考資料

「思考は現実化する」/ナポレオン・ヒル, 「7つの習慣」/スティーブン・R・コヴィー, 「お金に愛される人のルール」/ Dr. ジョン・ディマティーニ, 「アンソニー・ロビンズの自分を磨く」 / アンソニー・ロビンズ 本田健, 「孫子の兵法」 / 守屋淳, 「ZERO to ONE」 / Peter Thiel, 「道は開ける」 / D・カーネギー, 「ドン・キホーテ」 / ミゲル・デ・セルバンテス, 心を上手に操作する方法 / トルステン・ハーフェナー, 心を上手に透視する方法 / トルステン・ハーフェナー, 「キングダム」で学ぶ乱世のリーダーシップ / 長尾一洋 原泰久, ホリエモンが秋元康論を語る!「多動力」はなぜ売れたのか?その理由に迫る! / Abema TV エゴサーチ TV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加