アダルティなお金の授業

2時間目:お金のためにあなたのスキルを使うな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかしたらあなたはお金のために自分が身につけたスキルや時間を使っていませんか?

多くの人は人生の最もいい時期をお金のために働いて過ごしてしまいますし、中には一生お金のために働く人もいます。つまり、お金という主人にあなたが時間や労力を捧げていることになっているのです。

『そんなことを言ったって、お金のために働かなければ生活もできないし、大切な人たちを支えることもできないじゃないか!』

と思うのであれば、今日の内容を知ることで今から行動が変わって、やがてお金のためにあなたが働くのではなく、お金があなたのために働いてくれるようになる時がくるかもしれません。

もちろん、今回の内容を真意を理解できた人だけでしょうけど。

ということで早速第二回目となるお金の授業を始めていきましょう!

お金を持つ人はお金のために働くことはない

さきほど、あなたがお金のために働いているのであればお金があなたの主人となってしまっているといいました。ちょっと嫌な気分ですよね。

確かに、保険料や家、車のローン、年金、税金に生活費などのために時間を使って働かなければお金を支払うことはできないでしょう。支払いという名の歯車は待ってくれません。そしてそれについて大抵の人たちは、会社や国やシステムについてたくさん文句を言います。

↑歯車を回すために働いてない?

しかし、断言するんですけども、いくら歯車について文句を言おうが、自分が変わらないと状況って変わらないんですよね。

とはいえ多くの人たちはお金のために働くことしか知りません。それもそのはずで、学校教育は基本的にお金のために働く方法を教える場所だからです。自分のスキルを使ってお金を稼ぐことは一見素晴らしいことのように教わりましたが、世の中はそれだけじゃないんですよね。

ということで、このあくしょんアカデミアではあなたに「お金のために働くことを教えてきた学校」では教えてくれない「あなたのためにお金が働くこと」をお話ししていきますよ。

お金はすべての活動に関わるので、このアカデミアの中でも一番最初のカリキュラムに組み込まれているんですよね。

あくプラは次世代のクリエイターを育てるために作られた機関ですが、彼らがお金のためにスキルを使うのではなく、もっと大きな目標を達成するためにまずはお金が自分のために働いてくれるスキルをお伝えしていきます。

ちなみに仮想通貨やフィンテックが発達したように、お金というのは時代によって変化していくので、これから一生学び続けること前提ということを知っておいてください。

胃袋を吐き出すカエルになってない?

想像してください。

誰もが義務教育の流れでなんとなく高校や大学と学校に行き、やがて仕事を見つけて一見楽しんでいるかのように思えます。しかし、ある日突然お金のために働いていると実感する時がきます。

それは積み重なるクレジットカードローンの請求書を見た時かもしれませんし、もっといい生活をしたいのにお金が足りないと実感した時かもしれません。ところがそのときにはもうお金のために働くことから逃れることはできず、餌を与えられ水槽で飼われてるカエルのような状態になっています。

↑安全を求め飼われたカエルになってない?

実は、その水槽というのはフタがしていなくてそこから抜け出すのは意外と簡単だったりするのですが、多くの人がその水槽から抜け出せないのは”反応”をしているからなんです。

大抵の人は起こった出来事に対して反応をして生きています。目覚まし時計がジリジリ鳴ったから早起きして会社に向かう。上司が唾を飛ばし怒るから反省の言葉を述べて真面目に仕事をしているふりをする。疲れたからテレビを見ながら晩御飯を食べて寝る。

まるで餌が目の前に来たからパクリと飲み込み、異物だったら胃袋ごと吐き出すカエルのようです。

実はこうした反応型人間がお金を持ったところで何も変わりません。お金を持とうが恐怖と欲望に反応するだけなので結局のところお金に突き動かされる結果になります。

つまり、お金や役職を手に入れたところで、エサをたくさん持ってるカエルと同じで、水槽という狭い場所からは動けないわけです。すると、主人がイタズラとして異物を餌に混ぜてもパクリと食べてしまいますし、ガラス越しにピンセットで虫を張り付ければ、絶対に届かない虫に向けてガラスに舌をベットリ貼り付ける結果になっちゃうんです。

では、どうすればそんな欲望に打ち勝って水槽から抜け出すことができるのでしょうか?

よーく見て考えてごらん

イタズラされたカエルが胃袋を吐き出したくなければ、目の前にあるエサの中に異物があるとわかれば、ぐっと我慢して飲み込まなければ大丈夫でしょう。もっと周りをみて、蓋がしていないことに気がつけば箱から抜け出せるでしょう。

君はどの箱の中にいる? Get Out Of The Box!!!

同じく、自分の周りにある誘惑や恐怖の対象となることについてよく知ることは欲望や恐怖に打ち勝つ上でとても重要になってきます。逆に無知であることは恐怖を増幅してしまったりしますからね。

多くの人たちはそこで反応しちゃってます。見栄を張ってお金を使うのも悪く見られる恐怖から逃げようと反応するからだったりとかね。

いわゆる反応っていうのは、感情から起こるものなのですが、もしも誰かに動かされたくないというのであれば感情ではなくて、思考をしっかりと持たなければならないんです。

↑目の前のことをしっかり捉え、考え、行動に移す。

もっといえば考え方を選ばなくてはいけません。カエルさんも飼われている場所から出るためには、フタをしていない上に向かうという考えを選べばよかったんです。

 

この世の中には数十万、数百万という商売があって、それぞれがありとあらゆる取引を通じてお金を受け取っているわけです。もしもあなたが自分のためにお金を働かせたいというのであれば、数ある考え方の中から自分の確固たるものを選び、自分でよく考えて、その方法を行動に移してみてください。

あくしょんステップ

さて、今回の内容で知っておいて欲しいのが、お金のために働く人がいる一方で、お金を働かせている人もいるということですね。世の中の大半がお金のために働いていますが、豊かになった今の時代、もうそろそろ大半の人がお金を働かせて自分たちは楽しいと思えることをやってもいいのではないでしょうか。

もちろんこれからそのためのいろんな知識をお伝えして生きますが、早速今回のあくしょんステップをお伝えしておきます。

基本的に、人は後回しにするほど行動する確率が下がります。5秒ルールというのがあって、何かをやろうと思ったら5秒以上経てばやらない理由を脳が探し出すと言いますからね。

このあくしょんステップを読んだら5秒以内にやるようにしてください。では生きます。

『今すぐ、自分のためにお金を働かせている事例を見つけてください。』

さぁ、今回の内容は思考が大切だと書きました。「面倒だからやらない」と感情で反応するのもいいですが、しっかりと思考をもって取り組んでみてください。

会社でも個人でも、自分がいなくてもお金を受け取ることに成功している人はたくさんいるので是非とも”考えて”事例を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加