ライティング

銃弾- セールスライティング最強トレーニング法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今からお前を鍛える!とりあえずこの銃弾に耐えろ!」

こんなことをしなくてもライティングを鍛える方法があります。それがボレットトレーニングと呼ばれるものです。ボレット(bullet/銃弾)トレーニングは銃弾を受けるようなきついトレーニングとは違います。

しかし、実際にこのトレーニングを続けると、眉間に死ぬ気弾を受けるかのように一気にライティング能力が超人レベルにまで高まって、他のライターたちを圧倒していくことができるようになります。さらに、このボレットトレーニングはこれまでお話ししてきた人間の欲求の内容を包括するものなので、実践的に今までお伝えしてきた概念があなたのスキルとなって染み込んでいきます。

逆に、このトレーニング方法を知らないで進めていった場合、学習をするスピードが1年ほど遅くなってしまいます。大学4年でみんなが修了しているなかで、あなただけ5年かかってしまうかもしれないので、この内容をしっかりマスターして、最速のオラオラでスキルを学びとって結果を叩きつけてください。

ボレットトレーニングとは

ボレットトレーニングは最初にお話ししたような、銃口をこめかみに突きつけられてトレーニングするということではなく、コピーライティングのボレットと呼ばれる文章力を向上させることを言います。

ボレットとは箇条書きのことで、その箇条書き一発一発が相手の心をズドンと撃ち抜くほどの効果を持っています。つまり、その箇条書きでは見込み客がビクンビクン反応してしまうようなメリットを書いていくのです。

man-886601_1920

ボレットはズドンズドンでビクンビクンにする

もちろん、なぜ心を撃ち抜くのかといえば、読んだ人があなたの商品やサービスを受けてみたいと最終的に行動(あくしょん)につなげていくためでもあります。そして相手が行動する主な理由は、そこにベネフィット(利益)があると理解した時です。

そこでこのボレットトレーニングでは、あなたのサービスをベネフィットに変換してそれを箇条書きでずらりと書きなぐっていきます。ちなみに以前の記事でも紹介したようにベネフィットというのは、ターゲットにとっての利益のことなのでまずはターゲットを決めていきます。

たとえば、「やりたいことがわからないまま社会に出てバイト生活をするものの、なんとなくユーチューバーになって副業で儲けたいよ〜」と考えてる20歳男性がターゲットだとしましょう。その人に動画の作り方を教えるというのであれば、どういったサービスを提供できるかを箇条書きにしてみます。

・中学生でも8ステップで売れる動画が作れるテンプレート

・視聴者をビクンビクンさせる方法

・1ヶ月で50万回再生させる悪魔のシナリオ

・顔だし、機材のいらないハイクオリティ動画メソッド

・動画がシェアされまくる新世代の拡散の裏ワザ

すぐに思いついたのはこんな感じですが、もちろんボレットはサービスやターゲットに合わせていきます。この箇条書きをUdemyとかだと直接ページに貼り付けていくことができますし、あなたのセールスページに乗せていってもいいですね。

さらにたとえば、

【この内容を実践することで…】

・素人でもすぐに動画が作れる

・視聴者を反応させることができる

・1ヶ月で50万回再生されるチャンネル

・顔だし、機材がなくても高品質動画ができる

・動画が拡散されるノウハウを学べる

といったように書き方は様々ですし、上のものは前回紹介したパワー単語を比較的散りばめています。これがまさにボレット(銃弾)と呼ばれる所以なのですが、この中のうちの一つでも心を撃ち抜くものがあれば、相手はそれが気になって購入してみようかという気になってしまうのです。

なので、なるべくボレットの数は質さえ良ければ多く書いていくといいことになります。ただ、それもまた商品やサービスによっても変わってきますし、ボレットを書いてもセールスページに直接それを載せない時もあります。そこはまたバランスをみていってください。

ここではあくまでもトレーニングとしてのボレットをお伝えしていきます。

ボレットトレーニングのやり方

このボレットトレーニングはとにかく量を書いていくことが重要です。そして、たまにいろんな商品のボレットを見たりしながら参考にしていきます。その際に、ボレットを見すぎて心をズドンと撃ち抜かれて購入してしまわないように注意してください。

ボレットを書く時は、一言で書いていっても間違いはないのですが、これまでにお伝えしてきた基本的な概念をここで埋め込んでいきながら構成を考えていくといいです。

まず、FABの回でもお話ししたことを使って、特徴、メリット、ベネフィットの順番で文章を作っていきましょう。普通であれば、文章なので数行になってしまうかもしれませんが、ボレットでは火薬を金属の筒にギュギュッと押し込む時のように文章をギュギュッと凝縮して短くしていきます。

bullet-408636_1920

一発にこめろ!

今回は、AdobeのIllustratorを販売していくとします。

ターゲットは、Illustratorってナニ?っていうくらいの無知な初心者層で、収入は月に10万円〜20万円の20歳くらいの女性で、実家に暮らしながらアルバイトをしている人にしましょう。稼いだお金は服を買ったり、たまに旅行をしたりするのに使っています。

まずIllustratorの特徴ですが、

・ベクタ画像制作

・PC上でイラストを描くソフト

・デザインソフト

・初心者からプロまで使用

といったことを書いてみましょう。

 

続いてメリットですが、

・いくら拡大しても画像が粗くならない

・作品をデータとして複製、配布できる

・定規やコンパスがいらない

・使い続ければプロでも通用する

といった感じです。

 

そして視聴者に一歩近づいたベネフィットでは、

・フェイスブックなどのアイコンに使える似顔絵が描ける

・作った作品を複製して無限に販売可能

・覚えるのに時間がかからない

・絵を描くのが楽しくなる

・洋服のデザインにプロも使用している

というかんじでしょうかね。

 

これらを考慮しながらボレットとその下に説明を書いていきます。その際に、使用する単語の強弱を調整していくと相手の反応が変わってきます。それでは書いてみます。

【Illustratorを使い始めると…】

・アイコンにあなたの似顔絵を載せて友達からキャーキャー言われる

あなたの写真を準備して、それを上からなぞるだけで誰でも簡単に似顔絵を作製することができます。その似顔絵をLINEやFacebookのアイコンに載せておくだけでも、友達から作って欲しいと求められそこから仕事につながるようになります。

・旅行をしている間にお小遣いが発生する

作品を作ると、そのデータは無限に複製可能なので画像販売サイトに出品するだけで、あなたが旅行先でホカホカの温泉まんじゅうを頬張ってても自動的に収入が入るようになっていきます。

・マネするだけでズブの素人でも9日で習得できる

たとえ幼児が描くような絵しか描けないガッカリ画伯であったとしても、Adobeのホームページにあるガイドを見ながらマネをして描くことで、誰でも簡単に絵を描くコツをつかめるようになります。PC上で描くので実際の絵の上手い下手をここで補うことができます。

・絵を描くことが何よりも楽しく感じて時間を忘れることに注意!

絵を描き始めると、すぐに技術が上達していきます。すると周りの友達からも求められるようになったり、フリーのイラストレーターという肩書きを持てるようになります。毎日が充実して楽しすぎて時間を忘れて夢中になってしまうのでご注意ください。

・プロのデザイナーも使用する本格ソフト

ゲームやホームページはもちろん、世界中のアパレル業界や広告業界でも愛用されているのがこのイラストレーターです。イラストレーターを使える人の需要は高いので、プロフェッショナルな世界を目指していくこともできます。

まずは30日間無料体験から始めてみませんか?

http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

 

みたいな感じですね。

こうやってボレットを書いていく時に意識して欲しいことが二つほどあります。

1、とにかくベネフィットを意識

2、興味深く書く

ということですね。

やりすぎは注意ですが、ベネフィットを書いて相手が興味のある話題を繰り出すようにします。

ここで相手の興味を惹く公式を紹介します。それが、

相手が興味があるもの×未知×直感的イメージ

です。

heart-762564_1920

興味があるもの×未知×直感的

これは、今まで伝えたことをギュギュっと凝縮したネーミングのような感じです。例えば、

「15秒で女性を中毒にさせるマリファナナンパ術」「世界三代美女から導いたツルツルたまご肌メソッド」「六本木のキャバ嬢100人に聞いたイタい男の6つの特徴」「アイスクリームダイエット」といった感じです。

「15秒で女性を中毒にさせるマリファナナンパ術」であれば、女性にモテたいという人がすでに興味を持っていることに加え、女性を中毒にさせる手法という未知の部分を加えています。さらにマリファナという単語が直感的に薬物の中毒性を思わせるイメージがあります。このような3つの内容を含ませると強力なボレットに生まれ変わっていきます。

あくしょんステップ

以前、コピーライティングのトレーニング方法として写経をお伝えしましたが、今回のボレットもコピーライティングのスキルを高めていくのに役に立つので実践していきます。写経の目的は、優れたコピーライターの思考法を手に入れるためでした。

このボレットの目的はズバリ、ベネフィットを常に考える思考法と一撃で相手に印象付けるワザを胃につけるためです。この能力は、メルマガやフェイスブックにも当然応用が利きますのでかなり実用範囲は広がります。

さらに単語の強さと使い分けもできるようになるので是非ともやっていってください。それでは早速実践するための準備です。読むだけでなくて、実際にステップを読みながら今すぐ準備をしていってください。

Action Step1: ターゲットを決める

なんども言いますが、まずターゲットが誰なのかを決めなければその人に向けた利益を示すことができません。ターゲットについて一人選んでみてください。

Action Step2: ターゲットが抱える悩みと願望を書く

そのターゲットはどんなことに悩んでいるのでしょうか。そして、どんな不安を抱えてそれをどう解決したいと考えているでしょうか。そしてその先にどのような願望を達成したいと考えているのかを書き出してみましょう。人は幻想の不安や最悪のパターンのイメージを抱えてるものなので、それを書き出していきます。

Action Step3: 悩みの解決や願望実現のボレットを書く

ここでは相手のベネフィットを意識していきながら、悩みの解決や願望を実現したいと考えているターゲットを振り向かせるためのボレットを書いていきます。ターゲットの得たい欲と避けたい欲の両面から刺激できるとなお良しです。

 

Action Step4: 頭を使った自分を褒める

達成したら、やっぱり俺はすごい、私はすごい、といった感じで自分を褒めていきましょう。そうすることで、脳がやり遂げることに快感を覚えて次の行動を起こせるようになり、成功に近づいていきます。

 

ということで今回の内容は以上です。

ぶっちゃけ話すと、ここでお伝えした内容はかなり高度です。他の書籍を出版するコピーライターですら、得たい欲とかそういったことまでしか話していませんが、このボレットトレーニングまで修行を終えることができればかなりの実力がついているはずです。

なので、これからの記事はその実力を実際に使っていく段階に入っていきます。もしも、今までの内容でわからないこととかがあれば、もう一度復習をしておくことをお勧めします。これらの内容が頭に入ってるかどうかで、あなたが実際に使う段階になって入って来る収入なども変わってくるのでガチで意識しておいてください。

それではこれからのお話を楽しみにしていてください。

それでは最後までお読みくださりありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加