リブロス【図書館】

本田健さんのお金の5原則とラテマネー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本田健さん「ユダヤ人大富豪の教え」にはお金の5原則というものが書かれていますが、今回はその内容についてと個人的なコメントをしたいと思います。

1, たくさん稼ぐ

まずはお金持ちになる為はたくさん稼がなければ始まらないようです。

簡単な例を言えば、バイトをするにしても履歴書や証明写真、場合によってはスーツなども必要になる為ある程度の活動資金がないとさらに稼ぐことは難しいようです。

ただし、たくさん稼ぐハリウッドスターですら破産することがあることから考えてもただ稼げばいいというわけではないようです。 

2, 賢く使う

ラテマネーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ラテマネーというのは、「毎日のラテ一杯が数年積み重なるとものすごい金額になるよね」ということで、大したことないと思っていても積み重なるとでかくなるお金のことを言います。

単純計算をしてみると、スタバラテは一杯400円ほどですが年間300日飲んだとしたら12万円かかることになり、それを10年も続ければ手元に残っていたはずの金額は120万円となります。

これはラテだけに限らず、ATMの手数料やクレジットカードの利息など何気なく支払っていることは多くの人にあるのではないでしょうか。

そこで自分のラテマネーは何かを考えてみると長期的に手元にお金が残ることになります。特に固定費は人によっては大きな出費で、家賃、電気代、電話代、購読料など積み重ねるとものすごい金額になります。

ラテマネーの損失を防ぐ為には自分が欲しいもの、つまり感情的に買ってしまうものと必要なものの違いをはっきりさせることが大切です。

しかもこれを反対にラテマネーを売る側に立つと儲かるようになります。例えば毎朝写真を撮影して販売したり、インスタグラムに投稿したりと小さな見返りしかなくても長い期間やっていると後々大きな結果を生み出すものがあります。

現在よりも多くの金額を手に入れた人の99%は生活水準を上げてしまいます。たとえ最初はちょっと贅沢しようと考えていたとしても、その頻度はやがて多くなり生活水準はどんどん上がっていきます。

小学生の引き算でもできる考え方ですが、収入 - 支出の可処分所得を考えると当然ながら手元に残る金額は増えていきます。宝くじ当選者の大半が破産してしまうのも、収入が増えないにも関わらず支出だけが大きくなる為やがて計算結果はマイナスになっていくことでしょう。

なぜ我々がそんなにお金を使うのかというと、詐欺だけではなく大企業で鍛え上げられた優秀な人間が多くの人間にお金を使わせようと罠をたくさん仕掛けてくるからだと思います。「あの芸能人と同じ服が欲しい」「あのチャンネルでやってた肉を一度食べてみたい」そう思った人も多いのではないでしょうか。

ここで注意しておいて欲しいのが、買おうとしているものが価格以上の価値があると考えるのであればたとえ高額でもそれにお金を払ってもいいですが、価値がないと思えばたとえ数百円という少額であったとしてもお金を払わない方がいいということです。これがラテマネーですね。

つまり、お金を支払うことによって何が得られるかを考えることが重要で、買うことで得られる価値が大きいものにお金を払えば増えるし幸福度も上がっていくのではないでしょうか。賢く使うというのはラテマネーを減らす、つまりお金を使わないようにするというのではなくて自分にとっての価値を知りそれを得る為に使う方が良いということです。

個人的にはプレゼントなどはその典型だと思っていて、相手が喜んで幸せという価値を手に入れることももちろんですが、自分から周りにプレゼントをしておくと相手からも自分の予想外のものを貰えたりして自分の世界が広がることになり与えたものより得をすることが多かったりします。

3, がっちり守る

これは2つ目のものと似ておりますが、税金や無駄な付き合いの出費、お金を取ろうとする詐欺師や商売人からお金を守ることはとても大切です。

世の中にはあなたにお金を与えようとしてくれる人よりも、あなたのお金を狙っている人の方が多いので彼らにホイホイお金をあげるのではなく守ることができれば手元にお金が残るようになります。

お金を狙っている人間として、1,家族 2, 友人 3, 詐欺師 がいますのでご注意ください。

4, 投資する

投資するときにROI(投資利益率)を考えておくと役にたつと思います。この計算式は (売上-コスト) / 売上 × 100 で表すことができます。

例えば、5万円のカメラを購入してそれで写真を撮影して1年間で6万円稼いだとしましょう。するとROI=1/5×100なので20%になります。

つまり単純計算ですが、投資した金額の20%の利益が出るので100万円投資すれば120万円になって返ってくると考えるとどんどん投資した方がいいということになります。

また、回転率で考えると1年間で1回転させるより2回転すると利益率は2倍になるということです。

5, 分かち合う

ロックフェラーやカーネギーなど、金持ちになる人の過去を調べてみるとお金がない時から寄付とかをしていることが多々有りますす。

ただ個人的には、お金がない人は普通にそのお金を投資に回したり貯金しておいた方がいいと思います。問題は、お金を稼ぐことに罪悪感、ブレーキのようなものを感じる人は寄付をすることで自分がお金を稼ぐことによって社会にいい影響を与えていると感じられるようになるのでマインド的にいえばお金を寄付することはありかもしれません。

さらに、お金を寄付してみると自分の寄付金がどう使われるか気になるので、お金の流れを把握するようになったり、ちゃんと寄付金が有効に使われるか事業を判断しようとするので投資家の視点を手に入れることができるでしょう。

この判断は個人にお任せします。

https://www.youtube.com/watch?v=Uny_G7iYpPc&feature=youtu.be

【YouTubeチャンネル】

▶︎うたた寝ラディオ

↓ポッドキャスト

▶︎PodCastで視聴する

Udemy

▶︎Udemyで視聴する

↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加