リブロス【図書館】

我欲がない奴って最強だよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交渉では欲がある側が立場が弱くなりますが、幸福に関しても我欲がある人ほど幸福感を感じにくいということがわかっております。

世界一幸福な男マチュー氏は「思いやり」の瞑想を行っているようで、グーグルや世界中の大学などでも幸福や思いやりのテーマの授業に注目が集まっております。

確かに、世界中全ての人たちが他の人のためになる「思いやり」を持つことができればきっと世界平和になりそうですよね。

個人的な意見としては、物や地位を求めていた20世紀から、体験を共有してリア充をアピールする今の時代はどうやら人と比べて嫉妬を抱いたり、自分は幸せだと思い込むための自己主張をするといった我欲が強い人がかなり多いのかなと感じております。

我欲がない人って最強ですよね。

西郷隆盛さんは「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)を共にして国家の大業は成し得られぬなり。」

ということを言っておりましたが、命も金も地位も要らないと言って突っ込んでくる奴って、失うものが何もないからマジで最強ですよ。本当に、ガンガン突っ込んできて金とか地位を失ったとしても欲がないので、「別にカンケーねー!」ということでガンガン突き進む。

例えば、見返りを求めず働くと言われているヴォランティアも二つに分けることができるかもしれないですね。

 

今回、我欲をなるべく無くして思いやりの心を持つことが最強の人間になるためには重要だということがわかったので、私も「不染世間法如蓮華在水(水に在る蓮の華の如く、世間の法に染まらない)」を大切にして実行していきたいと思います。

この話に触れたあなたも一緒にその理想を追求して行こうではありませんか!

 

【YouTubeチャンネル】

▶︎うたた寝ラディオ

↓ポッドキャスト

▶︎PodCastで視聴する

Udemy

▶︎Udemyで視聴する

↓いつも共有してくださる方々に感謝します!\(^o^)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加